のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

ロードスター nb 汎用バッテリーへ交換

 

ロードスターのバッテリーが完全にダメのようなので

交換する為に規格を調べると

 

NA/NB共通のバッテリーで46A24LSのその値段が

 

 

20000円オーバー

 

スポンサードリンク

 

 

なんと、メチャメチャ高い事が判明

ここで、バッテリーで20000円以上は出し切れない。

と思い、調べてみると皆さんいろいろやっていますね。

 

ロードスターNANBはトランクにバッテリーを置いている為

密閉された空間に置くためバッテリーの水素ガスを排出する

穴が必要なようでその穴が一般には付いていません。

 

そのガス穴があるのはリヤにバッテリーを置く車両で

プリウスのバッテリーを代用している方も入るようです。

 

それでも高いので調べていくとガス抜き穴本当に必要かなと

思うようになりました。

 

調べていくとやはりガス穴なしで交換している方いました。

その先は、トラブルになっているか調べましたが見つからないのか

見つけられないのか、有りませんでした。

 

あまり深く考えず、これならガス穴無しバッテリーに交換決定

 

 

 ロードスター nb 汎用バッテリーへ交換

 

準備するもの

一番重要なバッテリー

 

f:id:Currentevents:20180324002918j:plain

 

左が既存、右が今回取り付けるバッテリーです。

できるだけ既存のバッテリーに合わせようと思ったのですが

外形サイズはL19で同等の性能をとホームセンターで探した所

40B19Lしかありませんでした。

 

40B19Lで取付け例が有りましたのでこれに決定

3980円+税

 

f:id:Currentevents:20180324004448j:plain

 

バッテリーターミナル

 429円+税

 

f:id:Currentevents:20180324002956j:plain

 

右側から2番目はバッテリーターミナル交換の折り

バッテリーケーブルを切るためのワイヤーカッター

(以前ロードバイクのブレーキワイヤー交換に使用)

ペンチでも可能

 

ロードスター nb 汎用バッテリーへ交換方法

f:id:Currentevents:20180324004717j:plain

バッテリーを外す

バッテリーを止めてるボルトを外す。

金具を外す

マイナス端子を外す

プラス端子を外す

バッテリーを外す。

 

バッテリーターミナル交換

ロードスターのバッテリー端子は国産一般車と違い汎用バッテリーを

使用する場合は交換が必要

f:id:Currentevents:20180324005201j:plain

 古いバッテリーターミナルの根元でカットして

新しいターミナル差し込み幅と同じくらい被覆をカッターで取り除き

取り付ける左側(プラス)が若干大きいです。

この部分少し時間かかります、腰が痛い。

 

 

バッテリー取り付け

f:id:Currentevents:20180324005838j:plain

バッテリーターミナルのプラスから取り付け

マイナスを取付け

押さえ金具をボディ外側の差し込み穴の一番上にして

ボルトにロングナットとずん切りボルトを準備してたけど

サイズ違いで急遽、結束バンドを使用。

暇な時にでもボルト交換予定で終了。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

バッテリー交換後、一発始動交換前にアイドリングが少し

不安定だったのが完全に戻りました。

 

水素ガスが少し気になりますがエンジンを掛ける前か

乗った後にトランクを開けるようにすればいいかな。

ロードスター nb 汎用バッテリーへ交換に満足です。

参考にされる方は自己責任で作業を行ってくださいね。