読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

中古者販売値引き交渉で私が断ったお客とは?お客も空気を読む

自動車 時事

スポンサードリンク

 

中古者販売をしているのですが、値引きを言われないお客様は本当に稀です。
値引きするのが当たり前だと思って言われます。

 

当然ながら営業マンもどれだけ値引き幅を考え第1段階ではこれだけ、

第2段階ではこれだけと体制を取っている場合が多いです。

 

値引き要求したお客さまにとっては要求したけど一発目から断られたら

購入する気も萎えてしまいますからね。


だから値引きする額は少ないのですが、

まず一回は値引くが常識なのです。

だからお客さまも気に入った車が有って買いたいと思ったら
「値引きできませんか?」と言ってもいいんですよ。
ソフトにです。


営業から断られるお客とは?
高慢な態度を取る客、頭から値引きと言われる客、購入後に難癖つけそうな

お客さまには一切値引きできませんと一蹴する場合も有ります。

 

これは、個人経営でやっているからできることで

会社員で有れば売ってなんぼなので利益が出るのなら

売らなくてはいけないですからそのような事は少ないでしょうが。

 

若い営業マンで有れば一台でも売って成績を上げないと思い

一生懸命頑張って上司の顔色伺いながらOK貰って契約に持って
いくそれが通常なのです。

スポンサードリンク

 

 

値引きしてあげたいなと思うお客さまとは?
値引き交渉の段階で営業マンも値引きしてあげてもいいな。

このお客さまにはこれ以上はサービスしてあげないと思う気持ちは

多く有ります。それは紳士・淑女なお客さまです。

 

つまりは好かれるお客様には、サービスをしたいに決まっていますよね。

お客さまが営業マンに接客するかのような言葉遣いされる方には、

できる限りサービスしてあげたいですね。

 

私が断ったお客とは?
タイトルにあるように断ったお客さまは、時間にルーズで自分が決めた時間をかってに直前になって時間を変更すること数回。

 

試乗してにもかかわらず支払いに時になって車のキズを指摘

それも言い方が声高らかに、「ここもキズが有る」と連呼してそれから、

さらに値引きを要求を言ってきたので、カチンときて取引を私から断りました。

お客も私から取引中止と言われると思ってもいなかったのでしょう

驚いた顔をしていました。


初めから、私はそのお客の印象は悪く何か不満を抱いていたのでしょうね、

お金も準備して来ていたのですが断りました。


私も是非契約したかったのですが気に入りませんでした。

 

 

お客も空気を読む
空気を読むとタイトルに書きましたが、「駆け引き」と言った方が

わかりやすいですね。


営業マンの顔色を伺いながら、気を良くした所で値引き交渉。

気分悪い所で値引きの話を出してしまったら

営業マンに値引き交渉したくないと線引きされてしまっては

営業マンの言われるがままで終わってしまいます。


まとめ
今回のブログは愚痴ブログになってしまいましたね。

お客だからという上から目線は売り手にからは嫌われます。

値引きして欲しいと思っているのであれば、

売り手も買い手も対等なので、後で泣かないでいいようにしましょう。