読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

天皇陛下の生前退位 高齢で公務に支障発生する方が問題

スポンサードリンク

 

 

天皇陛下も今年で83歳の高齢で有り

一般人であればのんびりしているでしょうが、

公務で引っ張り出されたら負担を感じるでしょう。

 

ある程度の年齢になったら生前退位をしていった方が

良いと個人的には良いと思います。

 

f:id:Currentevents:20161201002158j:plain

http://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/01/activity01-ph.html


生前退位をめぐる会議は必要なのか?
天皇陛下「生前退位」をめぐって 有識者会議メンバーによる議論が

行われていますが、こんな会議を行う必要有るのでしょうか?


生前退位は、調べてみればこれまでかなり有るようです。

ある程度の年齢に達した場合生前退位をしなければ大正のように短い

和暦になってしまいます。

 

天皇制廃止
少数意見では有りますが、天皇制の廃止を希望するのもいるのも事実です。

NHKが2009年に調査した結果
天皇制の廃止が8%いたとされています。

天皇制の廃止論が言われるのはやはり予算ではないでしょうか?

 

2016年の宮内庁費、約110億円

皇室費としてさらに数億円とされています。

これだけの予算が有れば各方面でいろんなことができますよね。

生前退位問題よりも予算縮小方向に持っていくべきだと思います。

 

まとめ
オリンピックや天皇の会議など有識者として引っ張ってきていますが

余計な費用を掛けずにもっとスピーディにやって欲しいですね。

 

今回の天皇の生前退位は国民の多くは認めていて

天皇自身が思うのだから会議も必要ないと思いますね。

 ご高齢となった天皇陛下がこうしたいと願っているのであれば
その意向を沿って上げるのが良いですね。

いずれにしてもマスコミが喜ぶだけにように感じます。