のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

TPP トランプ反対なのに衆院本会議で可決とはお笑い

スポンサードリンク

 

 

トランプ氏が次期大統領確定となっている今、

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に反対しているのに

TPP承認議案 衆院本会議で可決は必要ないでしょう。

 

f:id:Currentevents:20161110220550j:plain

 

必要ないというより無駄ですよね。

TPOを考えるべきだと思います。

 

この無駄な会議を進めた張本人は佐藤勉衆院議院運営委員長(栃木県4区)のようです。栃木県の方は認識をしておいて欲しいですね。

また、廻りが止めなかったことも恥ずべきことだと思いますが。

 

 

TPPは反対
そもそも、TPPは関税を撤廃することになるのですが
国の経済格差が有るのに関税撤廃自体無理だと思います。

 

トランプ氏はアメリカの製造業がダメになると言っていますね。

 

日本において関税撤廃で喜ぶ輸出企業、

ダメになる輸入関連企業や農家などです。

 

TPP参加国は共に笑う企業、泣く企業が出るのにどうして政府は

進めるのか不思議でならないですね。

 

日本では輸出国だから進めたいのはわかりますが

泣く内需関連の企業や農家の保証問題はどうなっているんでしょう。

 

それとJAなどはTPPどのような対策を立てていたのか

気になって見てみましたがTPPが締結された場合の対策は

どうなるにか探し切れませんでした。

 

まとめ
トランプ氏が第45代次期大統領と確定したのに、

TPP衆院本会議を行う判断力の無さ

誰も止めるものがいなかったのでしょうか。

 

ただ農家の方々にも言いたい。まだ自民党を応援しますか?

応援している議員が皆さんを裏切っているのですよ。

もっと現実を見て投票する議員を選択しなければなりません。

 

結局は国民私たちが選んだ議員です。

みんなが反省しなければいけませんね。