読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

<左折巻き込み事故>二輪と車の過失割合は間違っている

スポンサードリンク

 

 私は車やオートバイに乗っていて、比較的一般の方よりかなり乗っています。

そんな私が、常に思うのが交差点での左折巻き込み事故の過失割合です。


なんでもかんでも車が悪い?

どのサイトでも車の過失が大きいですが、本当に車が悪いのでしょうか?

左ウインカーを付けているにもかかわらず強引に入ろうとするバイク・オートバイは多いです。

 

上手なライダーは、
左ウインカーを付けている車を見た場合は、
右後方側方を確認して前車の右側を抜けられるように
車線の右側に変更されると思います、

ビギナーライダーでしたら左折車の後ろについて
左折車が左折して直進して行けば良いのですが


うまくないライダーはお構いなしに左折しようとしているにもかかわらず

突っ込んでくる。

 

こんな事故でも車が悪いとされているのです。
おかしいと思いませんか?

 

当然ながら全部2輪が悪いと言いません、あきらかに車が悪い

場合も有りますが。


巻き込み事故を無くすには

どうすれば巻き込み事故に遭わないようにすればよいのでしょうか?

そもそも、交差点近くで車と2輪が並走するのが
間違いなのです。

 

上手なライダーであれば交差点近くになると
前車と後車との間に2輪を割り込ませ
巻き込み事故に遭わないように走行します。

 

こんな走行はビギナーライダーではそのような走りまで
考えないでしょうから、
「左ウインカーを付けた車に並ばない」を徹底させるべきでしょう。

 

また、
交差点手前30mは車が走っている場合は左側追抜き禁止
にすればいいと思います。

 

車過失割合の見直しが必要
過失割合は交通弱者と言われる歩行者・2輪車に
かなり甘いですが、歩行者・2輪車・自動車はどれも対等で有る

と考えます。なぜかと言うと


明らかに時代に沿っていないと思います。
なにがなんでも車が悪いから正当な過失評価の見直しが必要と思われます。


まとめ
今回は左折巻き込み事故二輪と車の過失割合は間違っているについて

書きましたが、

 

その前に、事故に遭わないように注意して乗ることが重要なのです。

ですが、常に注意して乗るなど私は不可能だと思います。

 

ただ、ポイントを押さえて乗ることは可能だと思います。

運転する前に事故を起こさないと念じて見て下さい
念じればかなり注意して運転するようになりますよ。