読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

普通自動車免許で125ccバイク解禁?規制緩和したいが事故は増える賛否両論

 普通自動車免許で125ccまでの2輪車運転ができる動きが有るようですが

これには賛否両論ですね。

 

スポンサードリンク

 

規制緩和のメリット
125ccは速くて維持費が原付とあまり変わらいので
免許が有れば迷うことなく125ccを選択されますよね。

排気量別軽自動車税では
 50cc 2000円
 90cc 2000円
125cc  2400円

 

排気量別法定速度
 50cc 30km
 90cc 60km
125cc 60km

 

税金の差額は50ccと90ccでは変わらず
125ccとの差額はなんと400円しか違わないんです。


法定速度では90cc以上では一般道では普通車と
変わらないんです。

 

さらにメリットが有ります。
任意保険が普通車に加入している原付扱いで
加入できるのです。

通勤・通学には原付以上に適しているのです。

f:id:Currentevents:20160929233409j:plain

 http://www.honda.co.jp/GROM/


規制緩和のデメリット
 普通自動車免許で125ccまでの2輪車運転ができる発想は
とても良いとは思えるのですが、簡単にOKとは言えないですね。

 

 今から免許取得と言う方は賛成でしょうが、現在常時運転する側とすれば

危険極まりないと言えるでしょう。

 

ルール・マナーもわからず走行するのですから。
当然ながら事故が増加するのは明白でしょう。

 

スポンサードリンク

 


まとめ
普通自動車免許で125ccバイク解禁の発想することにより
通勤に125ccバイクも多少なり増え渋滞も少しは緩和にむかうかもしれませんね。

 

 2輪車販売が減少続ける中こういった発想もありですね。

規制緩和をしつつ講習などを増やしていけばいいのかなと思います。