のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

CR-Z ホンダのハイブリットスポーツカー生産終了 新型NSXへの布石

ホンダのハイブリットスポーツカ「CR-Z」が11月をもって生産終了となるようです。

スポンサードリンク

 

 

 スポーツカーにハイブリットなんて似つかわしくないと

発売当時思っていましたが、

今では少しづつ考えが変わってきましたね今ではレースにおいても

ハイブリット車が増えてきましたので。燃費を気にしなくてアクセルを踏めるっていうのは非常にうれしいですね。

 

 生産終了を記念として6月10日に特別仕様車が発売されます。

車体価格は280万円

f:id:Currentevents:20160609214427j:plain

http://www.honda.co.jp/news/2016/4160609-cr-z.html?from=copy

 

<主な特別装備の内容>
○α特別仕様車「α・Final label」6MT/CVT共通
αの装備に加えて
 ・「CR-Z Final label」ロゴ刺しゅう入り・専用ブラックコンビシート(前席)
・プライムスムース・ドアアームレスト(ブラック)
・専用マット塗装17インチ軽量アルミホイール
 ・「CR-Z Final label」ロゴ入りアルミ製コンソールプレート
 ・ピアノブラック調ステアリングガーニッシュ
 ・ナビ装着用スペシャルパッケージ
 ・プレミアムペダル
 ・トノカバー
特別色として、「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(モノトーン)を設定

 

 一旦スポーツモードで気合いを入れてアクセルを踏むとフューエルメーターの針がグングン下がるのがわかるんですよね(笑)

 

CR-Z」が生産中止の理由 

 2010年にCR―Zは発売され、約4万台を販売している

発売された2010年は新型車ということで約22000台を販売を記録していますが2015年での販売台数は730台まで落ち込んでいる、販売の低迷での生産中止と決定のようですね。

 

スポンサードリンク

 

 

CR-Z」生産中止は新型スポーツカー「NSX」への布石

 「CR-Z」が販売不振で生産終了となるわけですが、新型の「NSX」がまもなく発売されるのでここで「NSX」に力を入れようとの試みではないでしょうか? 価格差が大きいですが「NSX」一本にして販売強化なのでしょう。

新型「NSX」の車両価格は約2000万円ぐらいだそうです。


まとめ

 CR-Zが販売されたときバラードCRXに似ている、S660が販売された時ビートに似ていると思いましたね、そうなるとそのうち生産中止になると思った通りになりましたね。服でも同じなんですが流行のサイクルなのでしょうか?

 

若者向けならこれでいいのと思うのですが、

今では若者の車離れと言われていますよね。

 それよりも車好きな中高年向けのスポーツカーを

造った方がいいと思うのですが、

 

 たとえば排気量1000cc~1500ccぐらいでロータスエリーゼやフェラ―リ風で軽量ボディでノーマルルーフで販売して欲しいですね。私が欲しい車です。