読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

タクシーの初乗り料金は距離にカラクリ、メーターは距離と時間で計算される

 タクシーの初乗り料金が関東の一部で410円に来春予定で話題に

なっていますね。実際に恩恵を受けるのはわずかなお客さんだけなのです。

 

f:id:Currentevents:20160605203031j:plain


初乗りの改定、中身は?

 まず、関東地方の初乗り料金は2kmまで730円

今回の改定では約1kmまで410円に改定されると言うことです。
それでは、改定された料金で2km走ったとして料金はいくらだと
思いますか?答えは

 

スポンサードリンク

 

 


今までと同じ730円となるのです。
というのもメーター上がり方が237mごとに80円加算されます。

 

恩恵を受けるのは2km未満のお客さんと言うことになります。

よって2km以上のお客さんは価格改定しても1円も変わりません。


初乗りを安くすることにより、より多くの利用客を取り込もうという
タクシー会社の考えになります。


初乗り料金を安くする本来の狙いは?
 一部のお客さんには割引になりますが、それ以上に今まで利用

していない方の利用増で総合的に増収になるとにらんでいるからです。


タクシー料金の上がり方は

 タクシーを利用されない方でも走行距離がのびれば高くなるのがご存知

だと思いますが渋滞につかまって止まっていても料金メーターは上がって

いきます。

 

 まずは関東地区では加算距離280mごとに運賃90円加算されます。

続いて信号待ちなど止まっている時や時速10km以下になると1分45秒

ごと加算距離と同額の90円加算されます。(時間距離併用制運賃)

 

 ちなみにタクシーの初乗り料金やメーターの上がり方は地区により

若干異なります。

 

スポンサードリンク

 


 は深夜料金は?
 
 一般的には午後10時から午前5時の間は2割増し料金になります。

現時点で初乗り2kmで料金730円ですが

深夜料金では2割増になりますので

2000÷1.2=1667mとなります。

加算料金も280÷1.2=234mで加算されます。


まとめ

タクシーの初乗り料金はいくら安くても2km以上は現行の金額と全然

変わりません。タクシー業界としては少しでも安く見せたいのでしょう。

 

 よく聞く話が同じルートを通っても金額に差が有るのは時間距離併用制

運賃を採用されていることで渋滞の時などはかなりの運賃差が発生する

ことになります。渋滞時の利用では控えた方が良いでしょう。