のうてんきの日記

気になったこと熊本から発信しています。

軽自動車の名義変更を自分ですると料金いくら?必要書類や行く場所はどこ?

スポンサードリンク

 

 軽自動車の名義変更に行って来ました。
ヤフオクや個人売買で、軽自動車を購入される方も多くなってきたと思います。自分で名義変更する費用はいくらかかるか?

本当に必要な書類は何が必要かを書いてみます。

 

軽自動車の名義変更に行く名称場所
軽自動車の名義変更する場合、どこに行くかご存じと思いますが

少ないですが間違って、陸運局に行かれる方がいます。

陸運局は普通車で、軽自動車は軽自動車協会です。

間違っていても大抵は陸運局と軽自動車協会は近くに有りますので

あわてないように。

 


軽自動車の名義変更で必要なもの
軽自動車の名義変更に持って行くものは、

 

車検証

自賠責保険

住民票

双方認印が必要になります。

ナンバープレート

ナンバープレートは管轄が同じで希望ナンバーでなければ必要有りません。

県外の車両でしたら乗って行って軽自動車協会の駐車場で外して

持って行っても大丈夫です。

 

ナンバープレートを外すのに工具プラスドライバー・軍手・ナンバープレートを拭くタオルを持って行きましょう。

ナンバープレートは外して別の車両で行った方がスムーズです。

 

軽自動車協会で申請書自動車取得税軽自動車税申告書を貰います。

以前は購入でしたが最近無料になりました。

必要なものは以上になります。

 

金軽自動車の名義変更を自分ですると料金いくら

住民票              300円
ナンバープレート代       1560円
県外の場合級所有者の税を止める  500円

申請書              0円
自動車取得税軽自動車税申告書  0円

合計 2360円になります。

 

スポンサードリンク

 


まとめ
軽自動車の名義変更を自分で行うと管轄外の場合実費2360円です。

同じ管轄・県内ですと住民票の300円で済みます。

認印ですが100円ショップなどに有ればいいですが無いようならお借りして

後日郵送もしくは、申請書を先に貰って押印してもらうようにしましょう。

他には、車庫証明証が必要な地区が有りますが普通車と違い軽自動車の

名義変更には必要でないので省きました。

実費では安くできますがそれ相応の時間は掛かります。

平日時間が取れる方のみおすすめします。

 

チラシの価格表示は税込みを大きくするべき 税抜き価格は小さく

スポンサードリンク

 

 家電や工具などのチラシを見るのが好きなのですが
いつも思うのですが、価格表示は税抜き価格が大きく、税込み価格が

小さく表示されています。

 

それもメチャクチャ小さく表示しているのも有りますね。

その点が私は納得できませんね。

 

価格表示で税抜きの方が大きく書かれているのが気に要らないので、

規制はどうなっているのでしょう。


「チラシ 価格表示」で検索してみると

「No.6902 「総額表示」の義務付け|消費税|国税庁」の

タイトルで有りました。

 

開いて見てみると国税局のサイトで
チラシ等には総額表示をしなければならない義務があるようです。

税抜き価格は表示する必要は無いようです。

 

チラシに税抜き表示は必要ない
チラシの価格には税抜き表示をしないといけない義務も無く
支払いは消費税を払わないと言って税抜き価格で売ってもらえるわけでもなく

税抜き価格を表示する必要は無いと思います。

 

コンプライアンスとモラル
チラシの価格表示に税抜き価格表示を大きく表示することは

国税局のルールで言えば守っていますが安く見せる為に税抜き価格を

大きく表示するのは私はモラルが無いように感じてしまいす。
これは商品に付いている値札も言えることですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ
 チラシや商品に付けている値札においては税込み価格より大きく

税抜き価格を表示するのは違反と改定が良いでしょう。

税抜き表示を大きくしているのを、税込み価格も表示しているから

いいじゃないと言われる方も多いと思いますが


個人としてどうしても気になって書きました。

 

国税局がもっと突っ込んで

チラシの価格表示は税込みを大きく、もしくは税込み価格のみと

改定することが私は良いと思う。

 

企業は改定前にチラシや値札の表示を見直すべきでしょう。

ちなみに「しまむら」さんのチラシは税込み価格のみでした。

さすがですね。

 

スポンサードリンク